So-net無料ブログ作成
検索選択

台風一過の富士山 [富士山]

久々に富士山を撮影。
夕日で赤く染まる富士山を狙って、仕事のあと急ぎ田貫湖へ向かいましたが少し遅かったようです。
夏の富士は霞んでいることが多いのですが、台風の過ぎ去った後は空気が澄んでいて、とても綺麗な姿を見せてくれるんですよ。


nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

少年時代の憧れ、ミヤマクワガタ [生きもの]

先日、小田貫湿原へ撮影に出かけたところ、クヌギの木でミヤマクワガタを発見しました。
僕の近所の山では、クワガタいえばノコギリクワガタやコクワガタ、ヒラタクワガタしか捕まえることが出来ず、ミヤマクワガタは少年時代の憧れの的でした。
ミヤマクワガタは暑さには弱いためか、比較的標高が高く涼しい地域にしか生息しないとのことです。


ミヤマクワガタ


こちらは小型のスジクワガタ
このクワガタも子供の頃はあまり見られませんでした。

この歳になってもカブトムシやクワガタには心躍らされるものがあります。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ノリウツギ(糊空木) [花・草木]

ユキノシタ科アジサイ属、別名ノリノキ
枝を水に浸すと粘性の液体ができ、これを糊(ノリ)として使用していたことから、ノリウツギ(ノリノキ)と呼ばれるようになったそうです。
2~3mほどの木に、額紫陽花に似た白い花を咲かせていました。


小田貫湿原にて


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

トンボのめがね [生きもの]

オオカワトンボかな。
柿田川で見つけました。
近づいてもなかなか逃げないため、かなり接近して撮影することが出来ました。


nice!(4)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

川のはじまり [オススメ!]

富士山に降った雨や雪が長い年月をかけて、柿田川へと湧き出します。
柿田川湧水群からは一日100万トンもの水が湧き出ており、東洋一の湧水群ともいわれています。
また、自然も豊かで、カワセミやヤマセミなどの鳥、トンボをはじめとした多数の昆虫や植物を発見することが出来ます。


第一展望台からの湧水のひとつ


第二展望台からの湧水


水量100万トンを誇る柿田川の流れ


nice!(4)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

道端の小さな花 [花・草木]

山中城跡地公園の道端で小さな花を見つけました。

庭石昌(ニワゼキショウ) アヤメ科

ネジバナ ラン科


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

睡蓮 [花・草木]

三島市の箱根よりにある山中城跡公園内にある箱井戸の池の睡蓮。
あまりたくさん咲いていませんでしたが淡いピンクの綺麗な睡蓮を撮ることができました。


nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

リングボケフィルター [オススメ!]

なんと、以前記載したリングボケフィルター発案者である自然写真家の石井孝親さんがこのBlogを閲覧してくださいました。
とてもびっくりです!
石井さん、本当に有難うございました。

そこで、今回はリングボケフィルターの作り方と撮影方法について簡単に説明してみようと思います。
まずリングボケフィルターを使用することのできるレンズは、焦点距離が200mm前後で絞り開放がF2.8位の明るいレンズである必要があります。
僕は最近NikonのVR70~200mm F2.8Gを 購入していたのでこのレンズを使用しています。
次にフィルターですが、ケンコーのプロテクトフィルター77mmを使用しました。
作り方はとても簡単で、フィルターの中心に直径40mm程の光を通さないゴムシート等を貼り付ければ完成です。
僕はホームセンターで購入した、家具や電化製品などに使用するウレタン製の滑り止めシート「ソフトクッション」(500円程度)を使用しました。

次に撮影方法ですが、基本的に焦点距離は200mmで絞り開放でないとフィルターに貼ってあるシートが写り込んでしまいます。
簡単に実験したところ、①焦点距離は200mm~135mmまで(ただし絞り開放)、②焦点距離200mmでF2.8(絞り開放)~F4位まではゴムシートの移りこみはありませんでした。

このフィルターで撮影すると写真のような幻想的なリングボケを楽しむことが出来ます。

まだまだ使いこなすことが出来ていませんが、これからもリングボケを生かした撮影を楽しんでいきたいと思います。

リングボケの作品に興味のある方は、是非石井孝親さんのHPを訪問してみてください。
石井さんの自然写真作品集「光と風のシンフォニー」も必見です。
http://www2.ttcn.ne.jp/~naturephoto/


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

小田貫湿原の生きもの ~その2~ [生きもの]

小田貫湿原にはたくさんのトンボが生息します。

ハラビロトンボ
腹部の横幅が広いのでハラビロと呼ばれています。

ショウジョウトンボ
身体全体がとても赤い綺麗なトンボです。

トンボではありませんが小さなアブがランデブー飛行をしていました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

小田貫湿原の生きもの ~その1~ [生きもの]

小田貫湿原で見かけた小さな生き物を紹介します。

まず最初は、髭がと~っても長いホソオビヒゲナガです。
なんか見たまんまの名前。
長い髭をアンテナのようにゆっくりと上下左右に動かしていました。
何を探していたのかなぁ。


次は可愛らしい蝶です。
葉の上でお昼ね中だったみたいです。
タテハチョウの一種だと思いますが、ちゃんとした名前はわかりません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。