So-net無料ブログ作成
検索選択

オリオン座~その3~ [星空]

前回、前々回に引き続きまたまたオリオン座の写真です。
改造なしノーマルデジカメで散光星雲バーナードループをどこまで写し出せるか挑戦してみました。

まずはD90にLPS-V3/FFという星雲の赤色を透過し易いフィルターをカメラ内部に装着しての撮影です。
5分4枚の画像を合成した写真ですが、内2枚はさらにSC64という紫外線吸収フィルターをレンズに装着して撮影した画像を合成しています。
画像処理が未熟なせいもあって微光星が全て赤くなってしまいましたが、オリオン上側に広がるエンゼルフィッシュ星雲と左側に広がるバーナードループと呼ばれる散光星雲を写し出すことが出来ました。
合成枚数を増やして画像処理の熟練度を上げればもう少しましな写真になるのではと思います。

orion2.jpg
NikonD90 / 35mm f/2D / ポラリエ星追尾モード
焦点距離35mm F/4 300秒×4 ISO800、トリミングあり


続いてS5 Proでの写真、ノーマル画像×2とSC64画像×2の計4枚による合成です。
こちらも画像処理が酷いですが、オリオン周辺の散光星雲を薄っすらと浮かび上がらせることが出来ました。

orion1.jpg
Fuji S5 Pro / NIKKOR16-85mmVR / ポラリエ星追尾モード
焦点距離24mm F/3.5 300秒×4 ISO800


天体写真は撮影にしても画像処理にしても非常に奥が深く難しいです。
ネットなどで情報を収集しつつ、自分なりの撮影方法/画像処理方法を試行錯誤しながらみつけていきたいと思います。
カメラの天体改造は・・・我慢我慢、暫くはノーマルカメラで頑張ります。
nice!(65)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

オリオン座~その2~ (ポラリエ星追尾モード) [星空]

またまたポータブル赤道儀「ポラリエ」を使用して撮影したオリオン座です。

今回は200mmレンズで三ツ星下の中心部を狙ってみました。
オリオン.jpg
Fuji S5 Pro / VR70-200mm 2.8G / ポラリエ星追尾モード
焦点距離200mm F/2.8 300秒 ISO400

オリオン座にはいくつかの有名な星雲がありますが、
今回の写真には3つの星雲が写っています。(下写真参照)
・オリオンの燃える木:木が燃えるように見えることからこのように呼ばれています。
・馬頭星雲:暗黒星雲の形が馬の頭に見えます。
・オリオン大星雲:大変に有名で、肉眼や双眼鏡でも見ることが出来ます。
オリオン2.jpg

通常天体写真は星雲の赤色をよりはっきりと写すためにカメラ改造をすることが定番のようですが、
改造してしまうと通常写真が撮れなくなってしまうため改造はしない方向で考えています。
その代わりに特殊フィルターや画像処理で星雲の鮮やかな色が出せないかと模索中…。
いつかはオリオン座の左側にあるバーナードループという散光星雲を撮ってみたいです。
nice!(80)  コメント(9) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。